婚活中の男性は注意したい、3つの非モテ要素

まずは容姿からですが、一番は薄毛が婚活での失敗を生んでいると思います。ただ薄毛であるのは遺伝など仕方ないのかなと思う部分はありますが部分的に薄いのに抗って他の部分で隠そうと伸ばしているような落ち武者タイプの薄毛は確実に女性にひかれています。薄毛ということを認め、短髪や坊主にした方がすっきりします。

髭を伸ばすならトリマーなどでしっかりと長さをそろえて不要な部分は剃ることが必要です。そういったひと手間がファッションにこだわっている、ただ無頓着に髭を伸ばし続けているのではないという点につながります。

ファッションですが少し小奇麗に見せるような部分に気を使いましょう。だぼだぼのジーパンによれよれのネルシャツでは小奇麗さがありません。夏はポロシャツとスラックスなどを明るめの色を入れながら来てみてはいかがでしょうか。スーツファッションが一番無難ではありますがどうしても毎回その格好でくる男の人には堅いイメージがついてしまいます。時には休日ファッションを見せることで心を開く部分も必要です。性格ですが相手に合わせるという部分を一番年頭においてあげると良いです。自分の都合を一番に合わせてしまうタイプは女性がひいてしまう理由につながります。

婚活に失敗する女性2つの共通点

婚活ブーム真っ只中のこのご時世、婚活において成功する人と失敗する人がいます。その両者の違いは何なのか探って行きたいと思います。

まず、張り切りすぎ・意気込みすぎる人は失敗する可能性が高いです。誰でも、生涯のパートナーを決めるのには真剣になりますし気合いも入ります。うんとお洒落をしてメイクをして、自分の良いところをアピールするぞ!となってしまう気持ちもよく分かります。しかし、それは恋人を探すのには良いかもしれませんが婚活で見つけるのは結婚相手。結婚となると生活を共にする相手。婚活には、たくさんの異性にモテる必要はないのです。自分に合う、一緒に過ごしていて疲れない安心できる相手。そんな相手を見つけるためには、自分の良いところだけでなく苦手なもの・短所・譲れない価値観・考え方などを正直に出すことが大切です。最初だけ張り切って頑張っても、いざ付き合ってみるとその頑張りを維持するのが辛くなってしまうようでは、結婚に繋がることはありません。婚活にはラフに参加してみるのがおすすめです。

また、理想や条件が多い人も失敗する可能性が高いです。出来るだけ良い人を見つけようとして、自分の中で結婚相手の理想化が進むと条件が厳しくなります。すると、欠点ばかりに注目するようになりせっかくのご縁も無駄にしてしまいます。大切なのは妥協点を見つけること。高い理想を相手に求める自分は、果たしてその理想の相手に釣り合うほどできた人間なのでしょうか?相手も同じ人間です。長所があれば短所もある。長所を見つけることを意識すれば、自然とご縁も増えます。

このような点を意識して、是非良いご縁を掴んでください!